ホーム > ニュースリリース > 2016年02月12日

インドネシアの2015年経常赤字、177.6億ドルに縮小

インドネシア中央銀行の発表によると、第4四半期の経常収支の赤字は51億1000万ドルに拡大し、国内総生産(GDP)比で2.39%だった。第3四半期の改定値は1.94%だった。

第4四半期の経常収支と資本収支を合わせた国際総合収支は、50億9000万ドルの赤字だった。

2015年通年では、2014年通年の275億ドル(GDP比3.09%)の赤字から、177億6000万ドル(GDP比2.06%)に経常赤字が縮小した。

半面、国際総合収支については、2014年は152億ドルの黒字だったが、15年は11億ドルの赤字となった。

 


*弊社は記事内の情報及びデータ等のその正確性を保証せず責任を負いません。記事は、投資、税金、法律等のいかなる助言に取って代わるものではりません。また、個人の投資活動を勧誘又は誘引するものでなく、記事に関する判断は閲覧者個人の責任において行うものとします。


このページの先頭へ戻る