ホーム > ASUNAグループ概要 > 経営管理体制

経営管理体制

コンプライアンス体制

ASUNAグループは、金融機関の公共的使命の重みを常に自覚し、重要経営課題として企業倫理の構築や法令等の遵守に積極的に取組んでおり、コンプライアンス体制の充実により、地域社会のゆるぎない信頼を確保し共存共栄を図ります。
具体的には、本部各部及び営業店にコンプライアンス担当者を配置してコンプライアンスの徹底と推進を行なうとともに、コンプライアンス委員会を設置してコンプライアンスにかかる諸問題を統括・管理しています。
また、コンプライアンスの周知・徹底を図っているほか、コンプライアンス・プログラムに則って、法令等遵守状況のチェックや役職員の教育研修なども積極的に実践しています。

リスク管理体制

金融機関を取り巻く環境は絶えず変化し、それに応じてリスクも急変することが予想されます。そのような環境のなか、当グループでは自己責任原則に基づいた健全経営の実現に向けて、リスク管理を重要経営課題として位置づけ、各種リスクの存在を包括的に認識し適切に管理していくため、リスク管理統括部を主管部署として総合的なリスク管理体制の充実に努めています。
具体的には、各種リスクを、信用リスク、流動性リスク、オペレーショナル・リスク等に分類したうえ、各リスクについて担当部署を定めて的確に把握・管理するとともに、当グループ全体のリスク管理をリスク管理統括部が行なうこととしており、不測の事態を未然に防止し、資産の健全性を確保するための組織的な相互牽制機能の強化に取組んでいます。

CS(顧客満足度)向上にむけた体制

お客様の声に基づいた4つの注力ポイント
お客様のご要望にお応えするため、とくに4つのポイントに力を注いでいます。
斬新なアイデアを持ち、
高品質なアドバイスを行うことにより、
③ASUNAグループ内外の結束力・連携をもって、
高い執行能力を発揮します。
商品の垣根を越えて、どのようなニーズにも即応しうるワンストップ態勢を整え、数多い選択肢の中から、お客様にベスト・ソリューションをご提供する「アイデア・プロバイダー」でありたいというのが、ASUNAグループの願いです。

4つのポイント
このページの先頭へ戻る